進路指導部より

トップ > 霧多布高等学校 > 進路指導部より

1 進路(進学・就職)概況          

 令和2年度の進路につきましては、進学者9名、就職内定者22名となりました。

 

○進学について

進学の内訳は、各種専門学校9名となっています。令和2年度は、釧路管内の高等看護学院を始めとする道内への進学を中心に、道外への進学は1名となりました。

進学先分野は多岐に渡っており、将来的な職種へのやりがいを在学中にしっかりと見定め、早期退学の無いよう在学中における各分野の探究活動を中心に進路活動に取り組みました。生徒の多くは、進学先卒業後に生まれ育った浜中町への貢献を考えており、「浜中学」をとおして学んだ地元活性化への希望や志を忘れることなく、課題解決に向けた幅広い知識を求めて進学しています。

 

○就職について

就職の内訳は、町内企業14名(内公務員4名、家業継承2名)、管内就職8名となっています。

 本校では、就職希望者に対し各種検定の積極的な取得を推進しています。浜中町のご支援による「生徒スキルアップ補助制度」のバックアップのもと、一人ひとりが数多くの検定を取得しています。また、日常的に上位級の検定取得を目指すことにより、目標に向かって意欲的に取り組む姿勢や、検定取得の達成による自己肯定感の育成に努めています。そして、それらを積み重ねることにより、就職活動等に積極的に取り組む心身の伸長にも努め、近年問題となっている早期離職防止のために、3年間を見とおした進路活動によるキャリア教育にも力を入れています。 

2 進路状況

令和2年度卒業生の進路状況

令和2年度卒業生の進路先

 

3 進路活動

進路相談員面談(3学年)

8月27日(金)3学年の総合的な探究の時間に、北海道教育庁釧路教育局より、CPSV(進路相談員)の藤原邦彦様をお招きし、民間企業への就職を希望する生徒を対象の進路相談員面談を実施しました。高校生新卒採用の応募書類提出開始を間もなくに控え、生徒は自身の職種や就業場所への希望を伝えた上で、今日の採用状況やマッチすると思われる企業についてのアドバイスを受けていました。

これから本格化する就職活動に向けて、アドバイスを参考に教員生徒一丸となって取り組んでいきます。

上級学校体験授業(1・2学年)

8月24日(火)5・6校時,道内の大学,短期大学,専門学校計7校(大原法律公務員専門学校,北海道情報専門学校,札幌医学技術福祉歯科専門学校,北海道美容専門学校,北海道どうぶつ・医療専門学校,札幌マンガ・アニメ&声優専門学校,北海道教育大学釧路校)の講師の方々に出前体験授業をしていただきました。1・2年生計45名は、自分の希望した講座に興味深く耳を傾けていました。今後の進路選択の参考になったようです。

進路マナー講習(3学年)

8月19日(木)5・6校時に3学年進路マナー講習が本校視聴覚室で行われました。講師には、コミュニケーション&カラースクールSionの志村圭子様をお招きしてご指導いただきました。就職活動や進学面接を間近に控えた生徒たちにとって、専門的な社会人としてのマナーの講習を受け、心身ともに引き締まった様子でした。本校教員にとっても指導法の勉強となり、本日の講習を進路実現に向けて活かしていきたいと思います。

 

 

インターンシップ報告会(1・2学年)

7月20日(火)、2年生26名はインターンシップでお世話になった事業所の方々と1年生19名に向け、インターンシップ報告会を行いました。2年生は3日間の実習で学んだこと、身につけたことを活動の様子等をポスターにまとめて発表し、働くことの意義などを実感できたようです。また1年生は先輩の発表を真剣な表情で聞き、次年度のインターンシップに向けて意識を高めていました。

 

合同企業説明会参加(3学年就職希望者)

7月20日(火)、3年生の就職希望者10名は釧路市で開催された道新就活・転職フェア2021合同企業説明会に参加してきました。7月1日に求人情報が解禁となり、今年度の就職に向けての動きが活発になるなか、本校の生徒たちも積極的に各企業のブースに入っていき、企業の方からの情報を得ることができました。

 

就職支援ナビゲーター講話(3学年)

6月28日(月)3学年の総合的な探究の時間に、ハローワーク釧路就職支援ナビゲーターの桃井千代様を講師としてお招きし、就職希望者を対象として講義をしていただきました。7月1日(木)から解禁となる求人票の見方、正確な自己アピールにつながる履歴書の書き方、面接の基本的な作法など、これからの就職活動に向けて重要なことをたくさんお話いただきました。

 

インターンシップ(2学年)

6月23日(水)~6月25日(金)の3日間、2年生26名は町内の7事業所(浜中町役場、浜中町総合体育館、霧多布温泉ゆうゆ、コープはまなか、霧多布郵便局、茶内郵便局、浜中消防署、霧多布保育所、茶内保育所、浜中保育所 敬称略)で職場体験実習をさせて頂きました。実際の職場では、普段の学校生活以上に社会人としての姿勢が厳しく求められ、社会と繋がることが大切なのだと実感することができました。今後の進路活動にも、大いに参考になった様子です。

校外進路探究(1学年)

6月24日(木)、1年生の総合的な探究の時間において校外進路探究を行いました。午前は、釧路短期大学に行きました。上級学校で学べることを説明していただいたり、写真を見る形で校内を案内していただきました。午後は、髙橋商会で工場の見学と働くことについての講話をしていただきました。今後の進路選択に向けて刺激になる良い機会となりました。

 

進路指導オリエンテーション(3学年)

 3学年総合的な学習の時間で進路指導オリエンテーションが行われました。進学・公務員志望・就職それぞれの進路について、今年度の日程の流れや必要な準備の手順について3教室展開で各担当の先生から説明がありました。3年生は進路実現のための説明をしっかりと聞き、学年に程よい緊張感が生まれる授業となりました。

 

インターンシップに向けて(2学年)

2年生26名はインターンシップ実習先に提出予定の履歴書作成に取り組みました。自分の学歴、取得した資格、志望の動機を書き上げることにより、生徒にとって「自分がどのような人物なのか、自分をどのようにアピールしていくのか」を考えるよい機会となりました。

 

過年度の進路活動はこちらへ

4 事業所の皆様へ(ご挨拶)

 事業所の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 北海道霧多布高等学校のホームページをご覧いただき、厚くお礼申し上げます。

 また、本校の生徒及び卒業生が大変お世話になるとともに、本校の教育活動にご理解とご協力をいただき、深く感謝申し上げます。

 本校では、「生徒のやる気と可能性を引き出し、自己実現に粘り強く取り組む生徒を育てる。」を重点目標にあげ、「人生観・職業観などのキャリア教育の育成」や「各種検定試験の取得」などに力を入れ教育活動を実施しており、生徒は企業様にとって即戦力となるべく日々学習を重ねております。

 本校の生徒が企業様のご期待に添えるものと確信しておりますので、どうか、今年度につきましても採用計画をご検討くださいますようお願い申し上げます。

 なお、本校就職希望者につきましては下記宛てにご連絡くださいますようお願い申し上げます。

 最後になりましたが、貴社のますますのご発展をご祈念申し上げ、ご挨拶といたします。

 

 北海道霧多布高等学校

(住所) 〒088-1527

北海道厚岸郡浜中町新川東2丁目41番地

(電話) 0153-62-3224  (FAX) 0153-62-3226

  

お知らせアイコン