酪農学園大学によるエゾシカの増加に伴う霧多布湿原への影響研究結果

トップ > 町の組織 > 企画財政課 > 企画調整係 > 酪農学園大学によるエゾシカの増加に伴う霧多布湿原への影響研究結果

酪農学園大学によるエゾシカの増加に伴う霧多布湿原への影響研究結果

調査の目的 ~なぜこの研究を始めたのか~

 近年、エゾシカの増加は、浜中町のみならず北海道全体の問題となっており、道内では平成28年度の時点で約45万頭生息していると推定されました。この問題は、森林帯だけでなく湿原への影響も報告されています。

 平成28年度の調査では、霧多布湿原においても食害や踏圧等による植生被害が確認されました。

 霧多布湿原の中心部は国の天然記念物にも指定されており、平成30年度はエゾシカがその植生にどのような影響をおよぼしているか、保護柵を設置して詳細な調査に着手しました。本調査は酪農学園大学との共同研究ですが、平成31年度は春から秋にかけて本格的な調査が実施され、今後、その調査結果をもとに湿原の保護を検討する予定です。平成30年度の詳しい調査内容や結果に関しては下記リンクよりご覧ください。

柵設置の様子

このように植生を保護しながらエゾシカを排除しました。

調査報告書

この記事に関するお問い合わせ先

浜中町役場 企画財政課 企画調整係
〒088-1592 北海道厚岸郡浜中町霧多布東4条1丁目35番地1
電話番号:0153-62-2237

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。
お知らせアイコン