第25回浜中町植樹祭に参加して

トップ > 地域おこし協力隊 > 第25回浜中町植樹祭に参加して

植樹祭の様子

 5月28日湯沸で濃い霧の中、第25回浜中町植樹祭が行われました。

 植樹祭とは、町主催の水質確保や漁業資源の保全、動物の生息の保全を目指すため、町内に植樹を行うものです。

 同時に、浜中漁業協同組合女性部主催で、大自然とともにある私たちの生産と暮らしが豊かに、大きく発展することを目指す「お魚を殖やす植樹運動」も行われました。

 今回の植樹されたものは、グイマツ(400本),カシワ(200本),イヌエンジュ(200本)で、計800本の木を0.11haの中に植えました。

 植樹祭には、霧多布小学校の6年生が郷土学習の一環で参加しており、釧路総合振興局森林室の方の植樹指導を真剣に聞き、作業には重いスコップを持ち、一生懸命に木を植えるための穴を掘っていました。

 植樹祭に参加した児童からは、「土をさわるのは楽しい」や「大きく育ってほしい」などの言葉が聞かれました。

小学生も参加
植え方を教わっている様子

 大人の方に、今までの植樹祭のことについて尋ねると、「今まで植樹されたものは育ちがまちまちで、しっかりと育つこともあるが育たなかったこともある」と話していました。

植樹祭の様子
植樹祭の様子
植樹の様子

 年間の平均気温が5.6℃と低く降水量も少ない場所で、植物は育ちにくい環境ではありますが、

こういう環境であるからこそしっかりと根を張り強く育ってもらいたいと思います。

植樹後の様子

※植樹後の写真

地域おこし協力隊 小山勇太郎

この記事に関するお問い合わせ先

浜中町役場 企画財政課 企画調整係
〒088-1592 北海道厚岸郡浜中町霧多布東4条1丁目35番地1
電話番号:0153-62-2237

協力隊アイコン