社会資本総合整備計画(防災・安全交付金)

トップ > 暮らし・環境 > 防災 > 社会資本総合整備計画(防災・安全交付金)

 この計画は、防災上の最重要課題である津波災害から住民の生命財産を守るために必要な調査の実施を通して、浜中町の減災対策を推進することを目的とし、策定されました。

 浜中町では、この計画に基づき、社会資本整備総合交付金(防災・安全交付金)を活用し、災害危険度判定(霧多布地区における津波避難路の交通流動解析)を実施いたします。

社会資本整備総合交付金および防災・安全交付金について

 社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金等を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

 また、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策や、事前防災・減災対策の取組み、地域における総合的な生活空間の安全確保の取組みを集中的に支援するため、平成24年度補正予算において、防災・安全交付金が創設されました。

 両交付金は道路、河川、治水、下水道、都市公園、市街地整備、住宅および住環境整備等の各分野における政策目的を実現するため、地方公共団体が作成した整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に支援する制度です。

社会資本総合整備計画

1 事業名:災害危険度判定調査(霧多布地区)
2 期間:令和2年 (単年計画)

ダウンロード


Adobe AcrobatReaderのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

この記事に関するお問い合わせ先

浜中町役場 防災対策室 防災係
〒088-1592 北海道厚岸郡浜中町霧多布東4条1丁目35番地1
電話番号:0153-62-2138

お知らせアイコン