成人男性の風しん第5期定期接種

トップ > 健康・福祉・医療 > 健康 > 成人男性の風しん第5期定期接種

成人男性の風しん第5期定期接種のお知らせ

 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)なっています。

 そのため、2022年3月31日までの3年間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風しんの定期接種の対象者とし、クーポン券をお届けします。

 国では段階的に進めていく方針で、1年目の2019年度は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性にクーポン券をお届けします。それ以外の年齢の方は、福祉保健課までお問い合わせください。

 対象の方には、クーポン券を使って、抗体検査を受けていただき、その結果十分な量の抗体がない方は、定期接種(麻しん風しん混合ワクチン)の対象となります。

風しんとは

 風しんは、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる、感染力が強い感染症です。妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。

対象者

昭和37年(1962年)4月2日から昭和54年(1979年)4月1日の間に生まれた男性

 検査日および実施日において、浜中町に住民票がある昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性が対象です。ただし、次の⑴~⑶に該当する方は対象とはなりませんのでご注意ください。

⑴ 風しんにかかったことがあり、かつ検査での風しん診断記録がある方

⑵ 平成26年4月1日以降に風しんの抗体検査を受けたことがあり、かつ抗体検査の記録がある方

⑶ 風しんの予防接種を受けたことがあり、かつその記録がある方で、抗体検査を希望されない方

費用

 無料

抗体検査・予防接種を受けられる医療機関

近隣の実施医療機関

※上記の医療機関については、事前確認が必要です。

※上記以外の医療機関については、厚生労働省ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご参照ください。

実施期間

2022年3月31日まで

持ち物

⑴ 抗体検査時

クーポン券 本人確認書類(住民登録の市町村がわかるもの)

⑵ 予防接種時

⑴の持ち物に加え、抗体検査の結果がわかるもの

抗体検査・予防接種までの流れ

風疹抗体検査・予防接種までの流れ

予防接種を受けた後の注意事項

 接種後、発熱や発疹等の副反応が発生するおそれもありますので、接種後24時間は症状の出現に注意し、特に接種後30分程度は医療機関で様子を観察するか、医師とすぐに連絡がとれるようにしましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

浜中町役場 福祉保健課 健康推進係
〒088-1513 北海道厚岸郡浜中町霧多布東3条1丁目12番地1
電話番号:0153-62-2307

お知らせアイコン