【5月1日】総合文化センターの臨時休館における図書の宅配サービスについて

トップ > 町の組織 > 教育委員会総合文化センター > 【5月1日】総合文化センターの臨時休館における図書の宅配サービスについて

図書の宅配サービスを行います

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、浜中町総合文化センター図書室は4月20日~5月7日まで臨時休館いたします。

 それに伴い、浜中町総合文化センター図書室より図書の宅配サービスを行います。読みたい本のタイトル、「こんな本が読みたい!」などご要望に沿った図書をお届けいたします。

貸出の方法

お電話でのお申込み

お電話での受付は平日午前9時から午後4時までとなります。

浜中町総合文化センター(0153)62-3131

FAXでのお申し込み

 お申込み用紙に借りたい本のタイトルや「こんな本読みたい!」などご記入いただき、浜中町総合文化センター(62-2841)にお送りいただきますとご希望の本と出会うことができます。

 申し込み様式はこちらからダウンロードしてください。→ files/020200430.pdfPDFファイル(59KB)

申し込みフォームからのお申し込み

こちらの申し込みフォームに必要事項を入力してください → 申し込みフォーム

ご注意

司書のおすすめ図書

 広報にも掲載されている新刊図書コーナー担当、司書の佐藤さんのおすすめの本をご紹介します。

『ぺんぎんたいそう」  齋藤 槙/作

 ぺんぎんたいそう、はじめるよ!まず、息を吸って~、吐いて~。次は首を伸ばして~、縮めて~…。

 ペンギンの親子と一緒に体を動かしてみましょう!0歳児から楽しめる絵本です。

『北のダンナと西のヨメ』  横山 了一/著

 釧路出身の著者と、神戸出身の嫁。

 すぐ近くで鶴が舞い、シカと車が頻繁に衝突する、最果ての地・北海道。

 バスの中がとてもうるさく、おばちゃんがアメを仕込んでいる、コテコテの地・関西。

 まるで正反対の環境で育った夫婦だが、だからこそ毎日の会話が面白い。コミックエッセイなので読みやすい作品です。

『あるかしら書店』  ヨシタケ シンスケ/著

 その町のはずれに「あるかしら書店」という本屋さんがあります。店主のおじさんに「○○についての本ってありますか?」と尋ねると、たいてい「ありますよ」と言ってお店の奥から本を出してきてくれるのです。『2人で読む本』に『本の降る村』?いったいどんな本かしら。

『りんごかもしれない』の作者が贈る、本がより一層好きになる本です。

『石原裕次郎昭和太陽伝』  佐藤 利明/監修

 日本映画黄金時代をトップスターとして駆け抜けた青春期。石原プロモーションを立ち上げ、日本映画最大のヒット作『黒部の太陽』を作り上げた青年期。『太陽にほえろ!』でテレビ進出を果たし、新たなムーブメントを起こした時代。そして、病と闘い続けた晩年…。出演映画104作、シングルレコード237タイトル…。石原裕次郎の映画、歌、テレビ映画の足跡を辿ってみませんか

『メロンに付いていた手紙』  本田 有明/文 宮尾 和孝/絵

 「東京ではこんな星空見られない」「スカイツリーの夜景のほうが魅力的」

 東京に住んでいる海斗が誕生日に買ったメロン。そこには、夕張に住む小学生・夏樹からの手紙が入っていた。この手紙をきっかけに、二人は連絡を取り合うようになり、海斗は夏休みに夕張へ行くこととなった。

 東京と夕張、それぞれの素晴らしさに出会える物語。小学校3年生から。

『神様の裏の顔』  藤崎 翔/著

 「坪井さん…。お気の毒にねぇ。神様のような人だったわ」

 神様のように清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、参列者の誰もが涙した…と思いきや、年齢も職種も多様な参列者たちが、彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり…。

 彼は聖職者か、それとも稀代の犯罪者か。驚愕の結末があなたを待っています。

『みずとはなんじゃ?』  かこ さとし/作 鈴木 まもる/絵

 朝起きて、顔を洗う水。花や植木の根元に注ぐ水。うがいをしたり、のどが渇いたときに飲む水。私たちが生きていくために、水は欠かせないものです。でも、そもそも”水”って何なのでしょうか?

 水がどのような性質を持っているのか、私たちの体の中ではどのような働きをしているのかなど、”水”について丁寧に紹介している絵本です。

『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』  詩歩/著

 南極やフィンランドのオーロラ、スペインのひまわり畑、台湾のランタンフェスティバルなど、世界各地の絶景を紹介している一冊。絶景への行き方や、訪れるのにオススメの季節、旅の予算や注意点なども記載されています!

 日本の絶景のみを紹介した『死ぬまでに行きたい!世界の絶景ー日本編ー』もオススメ!本を開いて絶景の旅へと出発してみませんか?

『回転寿司になれる魚図鑑』  松浦 啓一/監修 水野 ぷりん/画

 あなたが回転寿司でいちばん好きなネタは何ですか?サーモン?えび?やっぱりマグロ?想像するだけで、テンションが上がってしまいますね。

 この本では、回転寿司の人気ネタランキングや、その魚の生態などを詳しく紹介!残念だけど回転寿司にはなれない魚や、魚にまつわる「なるほど!」な話も紹介していますよ。

『死に山‐世界一不気味な遭難事件《ディアトロフ峠事件》の真相‐』  ドニー・アイカー/著 安原 和見/訳

 1959年、冷戦下のソ連で起きた遭難事故。9名の登山チームは、テントから離れた場所で凄惨な遺体となって発見された。衣服をろくに身に着けておらず、遺体の着衣からは異常な濃度の放射線が検出され・・・。

 事件から50年以上経ってもなお、私たちを翻弄し続けるこの事件に、アメリカ人ドキュメンタリー映画作家が挑む。彼が到達した驚くべき結末とは・・・!

『若おかみは小学生!①~⑤』  令丈 ヒロ子/作 亜沙美/絵

 小学6年生のおっこは、交通事故で両親を亡くし、祖母が経営する温泉旅館・春の屋に引き取られることとなる。

 旅館に住み着くユーレイ少年や、ライバル旅館の娘・真月と知り合ったおっこは、ひょんなことから春の屋の”若おかみ”として修業を始めることになってしまい・・・。すべての漢字にフリガナが付いているので読みやすい作品です。

『BUTTER』  柚木 麻子/著

 結婚詐欺の末、3人もの男性を殺害したとされる容疑者・梶井真奈子。彼女の決して若くも美しくもない容姿と、女性としての自信に満ち溢れている言動は、世間を大きく騒がせた。

 週刊誌の記者として働いている里佳は、親友からのアドバイスで梶井との面会を取り付ける。だが、取材を重ねるうち、里佳は梶井の言動に翻弄されるようになり・・・。

この記事に関するお問い合わせ先

浜中町教育委員会 総合文化センター 総合文化センター係
〒088-1553 北海道厚岸郡浜中町霧多布西3条1丁目47番地
電話番号:0153-62-3131

お知らせアイコン